English

SNSアカウントで今すぐログイン:

ゲームの購入には、ログインが必要です。







体験版のダウンロードには、ログインが必要です。
TwitterやFacebookのアカウントから、
カンタンにログインすることもできます。


ログイン/アカウント作成へ

体験版はございません

ジャンル: アドベンチャー

¥1008 お気に入りに追加
販売価格/税込
OS: Windows XP 以上 CPU: 1.5 GHz Core2Duo メモリ: 2 GB RAM グラフィックス: OpenGL 1.4 以上 Hard Drive: 100 MB メモ: 1280x720 screen 以上
OS: OSX Mountain Lion (10.8) CPU: 1.5 GHz Core2Duo メモリ: 2 GB RAM グラフィックス: OpenGL 1.4 以上 Hard Drive: 100 MB メモ: 1280x720 screen 以上
ギフトでプレゼントする!
lucas Pope
lucas Pope
URL:
http://papersplea.se/

 

小規模と大規模なスタジオ両方でゲーム開発を経験した後、PCゲーム開発のために友人とRatloop, Inc.を設立。後にUncharted1、2のPlaystation3への移植のためNaughty Dogでプログラマーとして参加。

現在はインディーズ開発者として、短く実験的なものにフォーカスを当てたゲーム開発に取り組んでいる。

妻のKeiko Popeと共に2008年にPCゲーム『Mightier』、2010年にiOSで『Helsing's Fire』を開発。2013年最新作の『Papers, Please』をPC、Macで配信した。

 

Lucas Pope 作品

Papers, Please

 


ジャンルから選ぶ

 

> >

Windows対応Mac対応Steam対応

 

ゲーム概要 操作方法 よくある質問 受賞歴・レビュー クリエイターボイス

 

Papers, Please

 

 

 

アルストツカに栄光あれ。


おめでとう。

10月度勤労抽選により貴方を入国審査官に命ずる。

即時配属のため、至急グレスティン国境検問所の入国管理省に赴くように。

貴方とその家族には、東グレスティンの8等級の住居が割り当てられる。

アルストツカに栄光あれ。

 

ここは、共産主義国アルストツカ。隣国コレチアとの6年間の戦争がついに終わり、国境の町グレスティンの半分を正当に取り戻し、晴れて国交を再開することに。あなたの仕事は入国審査官としてアルストツカへの入国者を審査することです。仕事を探している移民や観光客の中に潜む密輸業者、スパイ、テロリストたちを見極める必要があります。入国希望者のパスポートをはじめとする数々の書類をもとに、入国を認めるか、拒否するかを判断しなければなりません。

 

10秒でわかる、Papers, Please

 

 

 

購入された方には、DRMフリーのゲームデータとSTEAMキーを配布

ご購入者にはスタンドアローンのゲームデータとともにSTEAMでダウンロードできるSTEAMキーも併せてお配りしております。キーは購入後マイページに記載されますので、そちらをSTEAMクライアントへご入力ください。詳しい手順はこちらから。

 

 

操作方法


あなたは入国審査官となり、入国希望者が提出する書類を、規則書と照らし合わせて、間違いがないか確認することがメインのゲームプレイとなります。簡単に言うと、間違い探しです。基本的に使用するのはマウス操作だけで、誰でもすぐにプレイできます。ちなみに、それほど高いスペックのマシンは必要ありませんので、ここ数年で購入されたPCであれば、すぐにお楽しみいただけると思います。

Papers, please 不審検知

規則書の表記と、そぐわない部分を両方選択することで、不審箇所を指摘して、審問。

 

あなたは朝から晩まで一日中、入国審査をし続けます。正しく審査しなければ、罰金が発生し、給料から天引きされます。

一日の仕事が終わると、家族のために食費や暖房費を払わなければなりません。払えなくなると、家族は病に伏し、やがては死んでしまいます。

 

ルールは日々複雑化します。書類が増えたり、時に減ったり、外交上の問題が起きて国ごとに対応が異なったりします。

 

審査官の仕事にどれだけ慣れたとしても、決して退屈なゲームではありません。テロリストが国境を越えようとしたり、奇妙な訪問者がやってきたり、時には国家の命令に反することを迫られたり、杉原千畝のような気分を味わうようなこともあるでしょう。

 

しかし、いずれにせよ、その選択はあなた自身ができます。入国希望者を通すか通さないかは、すべてあなた次第。その選択肢は、審査官の人生を左右し、アルストツカ国自体の運命を左右していきます。

 

より詳しい遊び方や、ゲームの雰囲気は、訛り実況キリン様にPapers, Pleaseの序盤のプレイ実況動画を作成いただきましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

良くある質問


Q. 他のサイトで購入したのですが、日本語版はPLAYISMで購入した人しか遊べないのですか。

A. Papers, Pleaseに関しましては、PLAYISMで行いました日本語ローカライズは公式のものとして開発者のLucas様に納品いたしましたので、PLAYISMでの販売開始以降、アップデートされているはずです。ご確認ください。

 

Q. ゲームが上手く起動できません。

A. インストール先のフォルダ名(ディレクトリ名)で「ペーパーズプリーズ」といった日本語文字のフォルダ名があると不具合が起こるようです。インストール位置を確認し、名称を変更してみてください。

 

Q. MAC版をインストールしようとすると、壊れています、などと表示されます。

A. MACのOS 10.8以上から、セキュリティがデフォルトで厳しいものに設定されております。その場合は、ご使用のMACの「システム環境設定」から、「セキュリティとプライバシー」をご確認いただき、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の設定を「すべてのアプリケーションを許可」に一時的に変更してみてくださいませ。

 

Q. 起動しても一瞬画面が開いた後、すぐに消えてしまう。

A. DRMフリーのデータではなく、STEAMキーを使用してSTEAMクライアントから起動すると正常に起動するとのご報告をいただいております。一度お試しください。

 

Q. 起動したら英語になっていました。どうやって、日本語でプレイするのでしょうか。

A. メイン画面の左下の歯車のアイコンをクリックいただくと設定画面になります。Languageの項目で日本語をお選びください。

 

 

 

受賞歴・レビュー等


受賞歴

 

レビュー

薄給とは言え目先のお金の為に必死で働き、最初は若干の心の痛みを感じていた違反者の拘束になんの躊躇いも無くなり、それほど咎められない程度の違反を犯しつつ賄賂で懐を暖める。見事なまでの小役人としての自分が完成していく過程に、このゲームの最大の面白味があるのではないか - もぐらゲームス "目覚めよ役人根性!「Papers, Please」日本語版レビュー" -

 

プレイヤーは入国審査官という他人の生殺与奪の権を握る,ある意味特権的な立場でありながら,自分の家族の生活すらままならない身だ。ルールやモラルを守るのか,家族や仲間の幸せを優先するのか,はたまた国家に忠誠を誓うのか,あるいは情にほだされるのか,長いものに巻かれるのか……。そういった簡単には割り切れない人生の選択の縮図が,入国審査員という職業を通じて体験できるところが本作の大きな魅力だと筆者は思う。 - 4gamer.net "異色の入国審査ゲーム「Papers, Please」をレビュー。地上の楽園アルストツカで働き,「労働とは何か」を問い直そう" -

 

ケロブラスター』『Pink Hour』『洞窟物語』の開発室Pixelの天谷大輔氏より。

 

 

Metascore 85

大量の書類と変わり続ける規則で、複雑になり続けるゲームプレイ。これはまさしくゲームである。だが、プレイするうちに暴力とユーモアで政治的意識が覚醒し、見事に構築された恐ろしきディストピアへと自己を邁進させる恐ろしい作品でもある。 5/5 - Gameblog.fr "Test : Papers, Please (PC, Mac)" -

 

悪行は、スーツに身を包み、胸ポケットに黄金のペンをしまい、手にスタンプを持つ男によって行われる。その行動の結果を目にもせず、気にも止めず、単純な手の動作で死を与えるのだ。 9/10 - Thunderbolt "Papers, Please" -

 

『Papers, Please』は、国境を守るという信じられないほど退屈な仕事を、非常に魅力的でスリリングなものに仕上げている。音楽、グラフィック、ストーリー。そのすべての要素が、プレイヤーをのめり込ませ、抑圧的な雰囲気の中に押し込めることに成功している。 9/10 - Gamer.no "Papers, Please" -

 

単純ながら優れたペースのゲームプレイを、鮮やかなストーリーテリングと融合させることで、素晴らしいゲームに仕上げている。『Papers, Please』で、家族を守りぬくために、不正と興奮を楽しもう。 8.5/10 - Lazygamer "Papers, Please Review: Glory to Arstotzka!" -

 

冷戦に対するオマージュ作品だ。社会に対する皮肉や批判を大いに含んでいる。間違いなくプレイすべき作品だ。 8/10 - GameOver.gr  "Papers, Please" -

 

『Papers, Please』はいわゆるアドベンチャーゲームだ。だが、一見すると価値のなさそうなお役所仕事と人間のみじめさを、選択、イベント、そして不正で魅惑的な作品に仕立て上げている。 4/5 - Adventure Gamers "Papers, Please REVIEW" -

 

 

 

クリエイターズボイス


Papers, Pleaseでは、いつ危険なことが起こるか分からないという状況の下、困難で時に退屈な仕事をするというイメージにしようと努めました。

 

 

 

オススメ作品

Dear Esther

Dear Esther

TRAUMA

TRAUMA

Dinner Date

Dinner Date

ブルームーン

ブルームーン

To the Moon

To the Moon

ファタモルガーナの館

ファタモルガーナの館

 

 

 

△ページトップへ戻る